HOME>イチオシ情報>金の購入は難しそうだが、実は簡単に出来ます。

金の購入は小額からでも出来ます。

金塊とアクセサリー

純金積立は、金投資の中でも少ない金額から始めることが出来ます。毎月一定額の支払い金を購入する投資です。取扱会社によって違いはありますが、最低支払額は千円から三千円程度で始められます。ドルコスト平均法を使っているため、リスクが分散します。金の価格が下がった時や購入資金に余裕がある場合は、追加で購入することができるスポット購入も出来ます。金の保管方法は、特定保管と消費寄与があります。特定保管は、運営会社が金を保管します。運営会社が管理をするため、安心して預けることが出来ます。消費寄与は、保管はせず運営会社が運用に使います。純金積立で積立てた金は、受取方法が3つあります。1つ目は金を売却して現金として受け取ります。2つ目は金地金に交換します。3つ目はジュエリーや金貨として受け取ります。

手数料を知り、運営会社を選択しよう。

ゴールドバー

運営会社が関与するため様々な手数料がかかります。購入手数料は、金を買う際に発生する手数料です。購入金額の何%や千円あたり何円と設定があり、会社によって金額が違います。年会費は、口座を持つための費用です。初年度のみ必要や無料の会社もあります。スプレッドは、購入価格と売却価格の差額です。金の購入時は高く売却時は安く設定しています。このスプレッドは会社の収益のため、顧客側はスプレッドが狭い会社がお得になります。引き出し手数料は、資金を口座から引き出す際にかかる手数料です。純金積立をする際は、手数料を考え運営会社を選択するのが良い方法です。

ネットでも店舗でも簡単に始められます。

金塊

初心者にわかりやすい投資である純金積立は、安心して始めることが出来ます。また、生活を少しでも良くしたいと考え始める人もいます。マイホームの頭金や老後の蓄え等様々な動機があります。純金積み立ては、ネットで対応しているためいつでもどこでも出来ます。大手の証券会社もあるため、会員登録もしやすいです。もしわからないことがあれば、コールセンターに質問をすると疑問が解消されます。ネットだけでなく、店舗でも対面で行っているためネットが苦手な人でも簡単に聞くことが出来ます。